会社の面談に付き添い、労働基準監督署へ同行など

会社の面談に付き添い、労働基準監督署へ同行など。ご遠慮なくお申し付けください。

ご相談の流れ

1 付き添い・同行先(会社面談、労働局など)、日時、内容を簡単に、お電話・メール・お問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせフォーム

2 料金のお支払は当日現金または先払いでのお振込でお願いいたします。
時間にかかわらず、1回につき10,800円(税込)です。

3 当日の1時間ほど前に近くの喫茶店などで打ち合わせをします(打ち合わせは無料です。ご自身の飲み物代だけご負担願います)

過去の付き添い・同行(ご参考にしてください)

◆休業明けの復帰面談でうまく話せる自信がないので付き添いをお願いし、安心して話せました(50代男性)

◆パワハラにあい、人事担当から面談したいと言われ、理不尽なことを言われそうだったので付き添いをお願いし、冷静に話ができました(50代女性)

◆あっせんを自分一人でやるつもりだったのですが、前日になり不安になったので急遽付き添いをしてもらってよかったです(20代女性)

◆即日解雇され、社長と話し合いをすることに。法律のことが自分も社長もわからないので同席してもらい、違法部分を指摘してもらえました(20代男性)

◆派遣で働いていますが、契約途中なのに終了に。派遣会社と話し合うことになったので同席してもらい、話がまとまりました(40代女性)

◆ユニオンに加入したいのですが、初めてなのでどうすればよいかわからず付き添ってもらい、スムーズに加入できました(40代女性)

◆労働基準監督署に何度も相談に行っているのですが解決せず、専門家に同行してもらったほうがよいと聞きお願いしたところ、監督官に調査してもらうことができました(30代男性)

◆セクハラを受けていて労働局に相談に行くときに付き添ってもらい、労働局の指導に至りました(30代女性)

◆辞めた会社に私物を取りに行くのを付き添ってもらいました(30代男性)

◆最後のお給料だけ手渡しだったので付き添ってもらいました(20代男性)